【出張展】 レプリカレコード展 Mr.Dによる in 音楽喫茶something tender ー終了しましたー


会期 2018年3月16日(金)-4月18日(水)

月曜から水曜は10:00-18:00 金曜から日曜は11:30-18:00に営業
木曜休み(臨時休業あり)

場所 音楽喫茶something tender(松本市大手4-8-21) →HP

企画・主催 アノニム・ギャラリー

協力 NPO法人リベルテ、リバーサイドレコーズ






今回は出張アノニム・ギャラリー!something tenderの空間にアノニム・ギャラリーがやってきます。企画したのは、音楽喫茶ということにちなみ「レプリカレコード」展です。Mr.D(正式な作家名はリバー・サイド・レコーズ社長Mr.D)はいつかは展示したいと心に温めていた作家のひとりです。NPO法人リベルテ(上田市)において、「リバーサイド・レコーズ」という架空のレーベルを設立し、段ボールとペンで「レプリカレコード」を制作しています。レコード作品はもちろんのこと、プラバンで作られたレプリカレコード・ブローチや名言ハガキには彼の美学・哲学が表れています。アノニム・ギャラリーも良いけれど、まさしく音楽喫茶にふさわしい展覧会。カレーを食べながらぜひご覧ください。

* * *

リバー・サイド・レコーズ社長 Mr.D
今まで聴いてきた洋楽や邦楽を名曲やディープな曲をピックアップして、レプリカレコードのA面とB面にして、それに合わせて自分のイメージした絵をジャケットの両面に描く。すべて、Mr.Dによる選曲・企画・制作によるものです。

* * *

リバー・サイド・レコーズ会社説明 
色々なレーベルの垣根を超えて、数々の名曲などを僕なりに紹介していく、そんな事の出来る会社がリバー・サイド・レコーズです
(Mr.D)


* * *


<コラボ企画記念イベント> 
「アノニムラジオ」やります!
アノニム店主とサムテン店主がラジオDJとなり、その場限りでON AIR!多彩なおもしろゲストをお迎えし生ライブもたっぷりとお届け。みなさまからのお葉書もお待ちしています(アノニムラジオ係迄)。


〇第一回放送                       
日時 4月8日(日)14:00-        
ゲスト ARAKI Shin(サックス奏者、作編曲家)             
観覧料 1500円(+1drinkオーダー) 


「Anonym gallery」という曲をつくってくれたARAKI Shinさんが東京からやってきます。どこにもない唯一無二の音楽。透徹した才能と類稀な即興性。

サムテン店主とのサックスデュオもあるとかないとか!



ARAKI Shin / 荒木真
サクソフォン奏者、作編曲家。

アルバム“PRAYER”、“A SONG BOOK”等リリース。

akira kosemura、EXILE、haruka nakamura、畠山美由紀、いろのみ、永山マキ、坂本美雨、sawako、関口シンゴ、sugar me、東京フィルハーモニー交響楽団等で録音参加、楽曲提供、編曲等。

ダンス、写真、陶芸、服飾等とのコラボレーションを数多く行う。
“Jazz Collective”の一員としてロシア政府より招聘を受け演奏。




〇第二回放送
日時 4月16日(月)14:00-
ゲスト 岡埜葡萄(朗読家)、武藤哲也(リコーダー奏者)
観覧料 1500円(+1drinkオーダー)



朗読会では半村良「能登怪異譚」より『蟹婆 (かにばあば)』と『夢たまご』の2編を読んでいただきます。どちらも能登地方の伝承に半村流のひねりを効かせた、ざわりと怪しいものがたり。方言でしか表現できない空気感、湿度とリコーダー演奏との不思議なクロスオーバーも合わせてお楽しみください。





岡埜葡萄

諏訪市出身。NHK文化センター朗読講師。東京・長野県内外で、武藤哲也のリコーダー演奏とともに宮澤賢治、小川未明をはじめとする近現代の文学作品を中心に朗読活動を展開中。

武藤哲也
茅野市出身。NHK文化センター講師。シオン音楽院リコーダー奏者。リコーダー・オカリナ教室 スタジオ・パパリン主宰。国内外の作曲家の新譜演奏・録音を手がける。


※ご予約・問い合わせ 0263-88-8861(something tender)まで。