silhouette シルエット 展 -終了しました-

会期:2017年4月21日(金)ー 5月16日(火)
11:00-18:00
水・木曜休み(5/3[水]・4[木]は営業いたします)



silhouette(シルエット)・・・物体の輪郭線を描いたもの、個体の輪郭


シルエットをテーマに作品の展示と販売をいたします。


出品作家:小口緑子、工房まる、宮澤真徳




<作家紹介>


〇 小口緑子





1974年 長野県生まれ。
     女子美術短期大学卒業。
2004年 長野県下諏訪町に「すみれ洋裁店」を開く。
2014年 山梨県北杜市の津金学校にて初個展「ごあいさつ」を開催。
2015年 茅野市アノニムギャラリーにて個展「ワンペア」、
     穂高市BANANAMOONにて二人展「あのよにみいる」を開催。
2016年 下諏訪町ninjinsanギャラリーにて個展「春雨 HARUSAME」を開催。





△ 工房まる





ビリリッとやぶいた紙のカタチ。
よく見てみるとそれは、
なにか生き物のシルエットのよう・・・
とり?サカナ?いぬ?ペンギン? etc..。
目を開けた彼らのなまえは

〈Bilily -ビリリィ-〉


工房まる(maru 福岡市)は1997年に開所し、現在は障害のある約50名のメンバーが、3つのアトリエを拠点に絵画や陶芸・木工など創作を中心に活動しています。maruの木工プロダクトとして展開している〈Bilily〉は、制作者の板谷さんが出来る動きを手がかりに、紙をやぶくというシンプルな動作と、それによって現れるカタチのユニークさに着目し生まれました。板谷さんの手による偶然のカタチに沿って、糸ノコを得意とする田中さんがひとつひとつ、無垢材から丁寧に切り出します。最後に「目」となる穴が田中さんによって空けられると、〈Bilily〉の誕生です。破れた紙という、特に気に留められることもなかった形が、個性的でどこか愛らしくもある姿に生まれ変わります。







□ 宮澤真徳






町を歩く。旅先で歩く。日々の生活、いつもと変わらない風景を歩く。たまに脇道にそれる。偶然か、必然か、意図的でもある。
出会いを求め。刺激を求め。発見を求め。
その様にして収集したモノや感情、イメージ。
すべてのカタチには意味があり、経緯があり、それぞれの歴史がある。
空を見て物思いに耽り、それらのストーリーや関係を楽しむ。その為の素材の多くを俯きながら探し、組み合わせる。
俯く時間は圧倒的に長い。
だから、僕は猫背になる。

1981年長野県生まれ。 2006年日本大学大学院芸術学研究科造形芸術専攻博士前期課程修了。