silhouette シルエット 展 -開催中-

会期:2017年4月21日(金)ー 5月16日(火)
11:00-18:00
水・木曜休み(5/3[水]・4[木]は営業いたします)



silhouette(シルエット)・・・物体の輪郭線を描いたもの、個体の輪郭


シルエットをテーマに作品の展示と販売をいたします。


出品作家:小口緑子、工房まる、宮澤真徳




<作家紹介>


〇 小口緑子





1974年 長野県生まれ。
     女子美術短期大学卒業。
2004年 長野県下諏訪町に「すみれ洋裁店」を開く。
2014年 山梨県北杜市の津金学校にて初個展「ごあいさつ」を開催。
2015年 茅野市アノニムギャラリーにて個展「ワンペア」、
     穂高市BANANAMOONにて二人展「あのよにみいる」を開催。
2016年 下諏訪町ninjinsanギャラリーにて個展「春雨 HARUSAME」を開催。





△ 工房まる





ビリリッとやぶいた紙のカタチ。
よく見てみるとそれは、
なにか生き物のシルエットのよう・・・
とり?サカナ?いぬ?ペンギン? etc..。
目を開けた彼らのなまえは

〈Bilily -ビリリィ-〉


工房まる(maru 福岡市)は1997年に開所し、現在は障害のある約50名のメンバーが、3つのアトリエを拠点に絵画や陶芸・木工など創作を中心に活動しています。maruの木工プロダクトとして展開している〈Bilily〉は、制作者の板谷さんが出来る動きを手がかりに、紙をやぶくというシンプルな動作と、それによって現れるカタチのユニークさに着目し生まれました。板谷さんの手による偶然のカタチに沿って、糸ノコを得意とする田中さんがひとつひとつ、無垢材から丁寧に切り出します。最後に「目」となる穴が田中さんによって空けられると、〈Bilily〉の誕生です。破れた紙という、特に気に留められることもなかった形が、個性的でどこか愛らしくもある姿に生まれ変わります。







□ 宮澤真徳






町を歩く。旅先で歩く。日々の生活、いつもと変わらない風景を歩く。たまに脇道にそれる。偶然か、必然か、意図的でもある。
出会いを求め。刺激を求め。発見を求め。
その様にして収集したモノや感情、イメージ。
すべてのカタチには意味があり、経緯があり、それぞれの歴史がある。
空を見て物思いに耽り、それらのストーリーや関係を楽しむ。その為の素材の多くを俯きながら探し、組み合わせる。
俯く時間は圧倒的に長い。
だから、僕は猫背になる。

1981年長野県生まれ。 2006年日本大学大学院芸術学研究科造形芸術専攻博士前期課程修了。


わたしの好きな張り子さん ー終了しましたー

2017月3月10日(金)- 4月4日(火)
11:00-18:00
水・木曜休み






さまざまな方のおすすめの張り子をおすすめ文とともに展示いたします。

楽しい、かわいい、心くすぐる張り子さんたちがたくさんたくさん並びます。


<おすすめ人(50音順)>

相澤和典(おっとぼけ美術館)、アノニム・ギャラリー、池上幸恵(NABO books&cafe/店長)、
いしいえりこ(リベルテ  スタッフ)、熊谷俊行(Gargas)、
立川叔男(古楽器奏者)、久田桂子(洋裁家)、山田真歩(俳優)



<出品作家・団体(50音順)>






アトリエガング  (山田真歩's favorite)

民芸玩具を扱う「アトリエガング」は、本各地に脈々と受け継がれてきた郷土の玩具を訪ね、デザイン会社アトリエタイクの目で選んだ、愛すべき生活【非】必需品たちの並ぶお店です。http://ateliergangu.com/



*     *     *







アトリエキノ 井原明美  (いしいえりこ's favorite)

アトリエキノは障害のある人の表現活動をサポートするアトリエです。絵画・陶芸・造形など、ひとりひとりが心から楽しめる活動を行っています。キノはひとりひとりの個性から生み出される、その人だけの表現活動で溢れています。井原さんは、いつも周りの人との会話を楽しみながらも制作の手は止めず、自分の思うがまま作品を作り上げていきます。つぎつぎと出来上がってくるカタツムリたちもおしゃべりがはずんでいるようです。


*     *     *









おっとぼけ美術館  (熊谷俊行's favorite)

昭和31年道祖神信仰の研究成果として創始された代表作“道神面”作家の故宮田嵐村資料館です。百種類以上の民芸面の展示、お面の製作現場なども見学できます。


*     *     *







金井三和  (相澤和典's favorite)

長野県安曇野生まれ。日本女子大学児童学科卒業。セツ・モードセミナー卒業後、スミレ研究所(工房名)を立ち上げ、陶芸と絵画を制作しています。pompom、ごっこ社 としても活動中。http://sumirekenqsho30.petit.cc/


*     *     *








辰野町地域活動支援センター  (アノニム・ギャラリー's favorite)

辰野町在住の障がいのある方の日中活動の場として活動しています。地域との交流を図りながら、創作活動、レクリエーション、就労体験を含めた生産活動、行事などを行っています。個性豊かな仲間が集い、笑顔にあふれたセンターです。




*     *     *





中村豪[なかむらたけし]タケコノコ  (久田桂子's favorite)

「タケコノコ」呪文みたいな言葉は「=タケシさんのコドモ」という意味のお張り子の名前。生みの親であるタケシさんは「タケコノコ」のように、どっしりとした体格の外見とは裏腹に優しく繊細で根気強い実直な方なのです。



*     *     *






本まねき猫屋[本間左小里]  (立川叔男's favorite)

 2006年埼玉県小川町にて張り子紙職人、嶋田重夫(しまだ しげお)氏と出会い張り子の師事を受ける都内各百貨店にて展示販売。動物を中心としたオリジナルデザイン張り子で気を評し現在に至る。埼玉県熊谷市在住。


*     *     *







ベルテの石合さん (池上幸恵's favorite)

上田獅子は上田の伝統芸能のひとつで、古くは上田城築城の際に獅子おどりが奉納された。また、市内地区名でもある常田と房山2種類の獅子があり、現在では農民美術の上田獅子が縁起物として広く愛用されている。リベルテではその上田獅子を張子で一つひとつ手作りし、石合昌史さんが一つひとつ獅子の顔を描いています。http://npo-liberte.org/








ローリング市場 × ○○○ 展 -終了しました-

2016年12月9日(金)-20日(火)
11:00-18:00
水・木曜休み








ローリング市場にある品々を使って、いろんな方に、それぞれの発想で、「作品」を作ってもらいました。



<出品した人ともの>

ローリング市場のカード立て × 石田冲 = 道神面モチーフのガラス飾り

ローリング市場のスカート × オチビ = 顔のブローチ

ローリング市場の葉書 × ピッツェリーノ = 葉書みくじ

ローリング市場の浴衣・風呂敷 × コースター山田 = 四コマコースター

ローリング市場の毛糸 × caco = 帽子

ローリング市場の布・毛糸 × 徳臣子 = Bag、ワンピース

ローリング市場の浴衣 × まきば 羊 =裂き織りBag

ローリング市場のピアス × 三桃 = 天然石(ラピスラズリ)のピアスとポエム

ローリング市場の昔の地図 × アノニム・ギャラリー = 紙Bag


ローリング市場とは→






大ローリング市場 -終了しました-

2016年11月25日(金)-12月6日(火)
11:00-18:00 
水・木曜休み






はなれの2階で開いている「ローリング市場」が「大ローリング市場」となってやってきました。

あなたの目の中に、”美しさ”が見つかりますように。

ローリング市場について→











Tapetelana メキシカンタペストリーと手織り小物 展 -終了しました-

2016年11月4日(金)~22日(火)
11:00-18:00 水・木曜定休





メキシコで織物をしている村井由美子さんの展覧会です。昨年に引き続き2回目となります。

羊の毛糸で織ったタペストリーやクッションカバー、バッグなどを展示・販売いたします。

今回は、白、茶、グレーなど、染めていない羊の色の毛糸だけを使って織られた作品をメインにした展示となります。

白と黒の間に12色の異なるトーンがあるそうです。

この世界で他にない、ナチュラルでかわいらしい村井さん独特の作品世界をお見逃しなく。

Tapetelana HP →





せかいはかがみ -終了しました-

2016年10月7日(金)ー25日(火)
11:00-18:00 水・木曜定休




潜在意識というものもある。
何かのきっかけでふとした瞬間に自分が何者かを知る瞬間がある。

物事の表情や温度をどう見てる?
あの鳥は何を考えている?
薬缶に語らせたらなんて言うだろう。

あなたの中にないものは出てこない。
あなたの中にあるものが世界となって立ち表れる。
世界はいつだってあなたの鏡なのだから。

あなたはこの作品、どう見るかな?
見てほしいな。









出 品 作 家

五十嵐慈保子
札幌在住の五十嵐慈保子さんはおかくずを使って、静かな透徹した顔でたたずむ、さまざまな形をした造形作品を作っています。顔はあるけれど、形は少し人とは違う、かぶりものをしているみたい。海辺で拾う錆びた金属片なども組み合わせて、死と再生が混在している。何も語らない、ふしぎな作品たちは何を語りだすだろう。それとも沈黙のまま。








小口純也
小口純也さんが昨年から始めたワークショップ「自己との対話」は、ワークショップ参加者と1対1で、およそ20問位の質問をして、思い思いに語っていただいた音を録音し、小口さんの声を抜いて、参加者の方の声がずーっと独り言を言っているような音源(CDR)を作成し、参加者にお渡しして聞いていただく試みです。自分の声だけを、自分の話している内容だけを聞いていただき、自己との対話を促しています。参加者はみな決まった同じ質問に答えています。本展では数名の参加者のこえを小口さんがつなげた音源を展示空間に流します。






アノニム・ギャラリー
気軽に楽しんでいただけるような、鑑賞者参加型の<世界は鏡>=<自己との対話>作品をご用意します








永泉さんの鳥類図譜展 ―終了しました―

2016年9月2日(金)-27日(火)
11:00-18:00 水・木曜定休








故・佐原永泉さんの鳥類図譜シリーズの展覧会です。
永泉さんは生前日記を書くように、日々出会う季節の野菜や果物、植物や動物など写生し続け、
自身で綴じた写生帖をたくさん残しました。
今回はその中から初期の頃に描かれた鳥類図譜のシリーズを展示いたします。
画家の細やかな観察眼と愛らしい鳥たちの姿から、心から慈しみ楽しんで描いていた様子が伝わってきます。